代行メール送信が出来るか出来ないかでここで差が出る!

昼夜を問わずに顧客の問い合わせに対応

会社の一般的な営業時間は、朝の9時頃から夕方の5時や6時ごろまでです。それ以外に電話やメールを送信しても、電話はつながらず、メールは返事は来ません。一応メールは相手に着いているようで、緊急の時などはまれに対応してくれる時もあります。でも対応しませんと事前に出されているサービスだと良く朝や翌週の月曜日にならないと返事が来ません。急いでいるときには困るときもあるでしょう。メール代行サービスの中には、客先からくるメールへの返事を代行で行ってくれるサービスがあります。昼間に送られてくるものもあれば夜に送られてくるものもあります。24時間365日送られてくるので、それに対応する必要がありますが、それを代行会社が行ってくれます。インターネット上で24時間営業しているようなサービスを行っているなら、便利なサービスになるかもしれません。

順序に従って送ってもらえるサービス

顧客が情報を見て行動をとるとき、全く情報がない状態で新しい情報を受けた時と、事前に何らかの情報を受けた上で新たに受ける時とがあります。最初は簡単な情報を送っておき、興味がある人に対してはより細かい情報を送れば、興味のある人はよりその情報の内容に反応してくれます。フォローアップメール、ステップメールと呼ばれていて、メール配信を営業活動で使うときの手法になっています。メール代行サービスを行ってくれるところのサービスでは、フォローアップメールなどに対応しているかどうかがあります。順序の管理やタイミングの管理などが必要で、自社内で効率的に行うのはコストがかかりやすいです。代行サービスなら、スムーズに行ってくれます。