初心者にありがちなメール配信の失敗例!

うっかりミスについて

ついやってしまいがちな失敗例の代表的なものが、誤字脱字でしょう。頭の中で完璧な文章が出来上がっていると、例え打ち間違えていたとしても補完してしまうことがあります。第三者に読んでもらうことで間違いに気がつくことも多いです。ただ、現実的にはメールを送信するたびに確認してもらうのは難しいです。そこで最低二回は自分で読み返すなどのルールを守る、あるいは誤字脱字をチェックするツールを使用すると良いです。
次に多いであろう失敗例は、添付ファイルを付け忘れることです。誤字脱字があったとしても、何とか意味が伝わることもあります。ところが、添付ファイルがないとメールしたこと自体が無駄になるケースも多いので気をつけたいです。

知識が不足していることで起こる失敗例

情報を詰め込み過ぎて、何が言いたいのかわからない文章になるというのも、初心者がやりがちな失敗例です。適度に改行するのはもちろんですが、まずは伝えるべきことを自分の中でまとめておくのが大切です。差し支えがないのなら、箇条書きにして送信しておくと分かりやすくなります。
それから添付ファイルが開けないといったことも起こります。この場合、容量の大きいものを一気に送信したことが原因だと考えられます。もしそうなら分割するか、ファイル送信サービスを使って別に送信しておくのも良い方法です。
また、文字化けに関してもよくある失敗例なので、配慮しておきたいものです。メールを受け取る側だけでなく、送信側にも文字化けしないためのソフトがあるので使用しておきましょう。